サンプル画像

アルコールの贈り物

20歳を過ぎたら、タバコとともにアルコールも解禁されます。大人になったことを祝って、アルコール類をプレゼントするのも良いでしょう。一口にアルコールといっても、日本酒・焼酎・ウィスキー・ブランデー・ワイン・シャンパン・ビールなど色々なものがありますね。どれを選んでも良いですが、お祝いの品ですので、それなりに価格の高い商品を選ぶのがポイントです。お住まいの地域の地酒なども喜ばれるでしょう。酒造メーカーによっては、ラベルに名前やメッセージをプリントするサービスを行っているところもあります。オリジナリティを演出したいのなら、これもおススメです。また、持参するお酒に合うおつまみを一緒に贈るのも良いでしょう。その際は、お刺身など生ものは避け、最低でも2、3日は保存できるものを選ぶのがポイントです。お祝いで外食する予定が入っているかもしれませんし、お出かけの予定が入っている可能性もあるからです。アルコールを贈ったのなら、『記念に一緒に乾杯しましょう。』と言われる可能性もありますね。めでたい場面ですから、なるべく希望にそって一緒に呑んであげたいものです。ただし、車の運転が控えているなら、その事情を話し お断りしましょう。飲酒運転は絶対にしてはなりません。社会人の先輩として、社会のルールをまもる姿勢を見せましょう。一杯のお酒が大事故に繋がります。呑んだら乗らないことは、お酒をいただく上での大切なマナーであることも、あなたの行動で教えられると良いですね。車を持たず、一緒に呑むことが可能ならば、乾杯の際にあなたからお祝いの言葉を述べてあげましょう。内容としては、祝福の言葉、激励の言葉、未来の希望を願う言葉 この3つを述べると良いですね。具体的な例をあげると、『○○君、成人おめでとう。これであなたも、晴れて社会人の一員となったね。今後は、何事にも責任ある行動が求められるから、しっかり周りを見て、今まで以上に正しい行動を心がけるようにね。これからの長い人生、君の幸せを願っています。乾杯!』という感じです。あなた自身の言葉で、伝えたい内容を考えてみてください。スピーチが苦手な人は練習しておくと良いですね。また、めでたいからと言って深酒しないように注意しましょう。もし酔っ払って、みっともない姿を披露してしまったら、せっかくお祝いの気持ちがあっても、相手に軽蔑されるのがオチです。お酒のマナーも教えるつもりで、スマートにお酒を嗜む姿を見せたいものです。また、相手にあまり勧めるのもタブーです。相手は成人したばかりでお酒に慣れていません。自分がどの程度呑めるのか 分からないでしょうから、あなたが気遣ってあげましょう。万が一急性アルコール中毒になってしまったら大事です。お祝いどころじゃなくなってしまい、せっかくのお祝いの場が台無しになります。

関連リンク